※ 新米(人魚の舞)の完成に伴い「イトーチェーン泉店」さんより販売開始しました。2024正月価格販売です。

経営者・農場の紹介

名前は 畑山浩志と申します。

趣味 「テニス&ソフトテニス、ギター演奏」  特技 「人工芝修復」

「挨拶」

 38年間務めた教職を定年退職し、2021年4月から高校まで過ごしていた生家に戻り、仙台から逆単身赴任で一人農業に挑戦。お帰りHIROSHIの挑戦が始まりました。初めて挑んだ米作りでは、数々の失敗を重ね、その度に地元の農家の方々に支えられながら「人魚の舞」(ひとめぼれ)ができあがりました。退職間近に施設の作業中に高所から転落・打撲した肩で、種まき、田植え、草刈りと作業をしていましたが、無理が祟って怪我が悪化。7月末に肩の鍵盤断裂が発覚、入院・手術を経て復活しましたが、稲刈り前のひえ刈りで鍵盤再断裂。しかし、入院・再手術は行わず、精米・袋詰め・販売に日夜努力しております。ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い致します。

「経歴」

 

地元高校を卒業後順天堂大学に進学。「健康には病気は罹らないようにする教育が必要だ」ということを知り、「教育は運命を変える」という言葉との出会いから保健体育教師の道に進みました。部活動ではソフトテニス部顧問を35年間勤め、県の強化に力を注ぎ、宮城県選手の日本一に携わって来ました。また、顧問としてインターハイ個人出場に選手を導き、団体では全国選抜大会出場を成し遂げ、日本一に挑戦して来ました。しかし、東日本大震災で妻の生家を無くし、多くの教え子を亡くしたため、退職後、教え子を蘇らせるつもりで米作りに転職しました。できあがった米を通して「米作りから人作りへ」をテーマに米販売やボランティアに取り組んでいます。

また、スポーツ施設&団体(愛島テニスプラザ、仙台ビジネステニスクラブ)の代表を務め、ソフトテニスの普及や選手・指導者の育成にも取り組んでいます。

農場

宮城県の北部に位置する登米市,その中心部に位置する、田園が広大に広がる米山町内にあります。

田圃 3.7ヘクタール  畑 6アール

地域 宮城県登米市米山町

自然豊かな環境は、多くの命を育んでいました。

多くの昆虫や動物や鳥たちがそこにはいました。

冬は雁や白鳥が朝・夕空を飛び交い、田圃には雁や白鳥が餌を求めて集まります。

春は農作業中に多くの鳥たちが餌を求めて近づいてきます

タイトルとURLをコピーしました